[幸福度ランキング]日本人は不幸せ!?

[幸福度ランキング]日本人は不幸せ!?

3月20日が「国際幸福デー」ということはご存知ですか?国際幸福デーに合わせて、国連の関連団体が「幸福度ランキング」を発表しました。

このランキングは156の国と地域で各3000人を対象に行われた調査で、以下6項目から評価されます。

  • GDP
  • 健康寿命
  • 社会的支援の充実(困ったときに頼ることができる親戚友人がいるか)
  • 自由度(人生で何をするかの選択の自由に満足している)
  • 腐敗度(不安・悲しみ・怒りの少なさ)
  • 寛容さ(過去1か月でチャリティに寄付したことがあるか)

日本は58位!!!?

2019年の日本の結果は58位でした。なんと、2015年から下がり続けています。

  • 2015年:46位
  • 2016年:53位
  • 2017年:51位
  • 2018年:54位
  • 2019年:58位

日本は礼儀や文化に重んじた国と言われていますが、数値で見ると実は意外な事実も分かってきます。GDPや健康寿命は上位の国とあまり変わりないのですが、「寛容さ」において大きな差が生じています。

日本はこの指標のランキングが92位となりました。募金額の定量的数値の結果もありますが、大きな要因は他者に対する思いやりと言われています。

「ドアをあけてあげる」

「感謝の言葉を伝える」

「電車で席をゆずってあげる」

などの、定性的な行動からなる指標です。

はたして、どの程度の人がこれを実践できているでしょうか。

筆者が日常生活で上記を実施している人に会えるのは2日に1度目にしたら多い方だと感じています。

しかし、日本人は思いやりをもって接したくないわけではないと考えています。

筆者がベビーカーを押してエレベーターを待っていると、100%の確率で他人がドアの開けるボタンを押してサポートしてくれます。

カフェなどでお茶していると息子に笑いかけてあやしてくれることもあります。

「寛容」はお互いが幸せになれる

サポートしてもらった方は「ありがとう」と笑顔で言います。

サポートした方も「どういたしまして」と笑顔で返します。

このように、寛容さはお互いの心を幸福にしてくれる働きがあります。

皆さんも思い返してみてください。慣れない行動で恥ずかしい気持ちがありつつもとても嬉しく幸せな気持ちになりませんでしたか?

サポートすることで、した方も、された方も、いい気分になれるのです。

思いやりには心の余裕が必要!

息子と出かける時間帯は、ビジネスパーソンの通勤時間はさけています。つまり、時間の流れが比較的ゆっくりの時に外出します。

そのため、「何かに追われる」事が比較的に少なく、心に余裕が持った人が殆どです。(もしくは同じ境遇の方)

反対に、通勤時間帯などでは「仕事」「人の多さ」「窮屈さ」のストレスで心に余裕がなく、他人に寛容的な態度をとるどころか、自分自身でいっぱいになっている人が多いと考えています。

つまり、彼等彼女等も心に余裕が持てれば寛容的態度がとれると筆者は考えています。これには、個人努力だけでなく国や企業のサポートも必要です。

様々な生活に適した社会・仕事スタイルを実現することで。心に余裕が生まれますが、これには国の社会的基盤の形成と、企業の個人の働き方に応じた組織作りの両軸が必要となります。

1位はフィンランド、2位はデンマーク

北欧は社会保障が手厚く、子育て家族に協力的な社会基盤・組織ができあがっています。

一例ですが、欧州ではママ&パパが協力して子育てができるように育児休暇は1~3か月とれるところも少なくありません。

これには、国のサポートも強く影響しており欧州は国によって育児休暇中でも給与額の100%に相当する育児休業手当金が受給できます(日本は50~67%)。つまり、お金周りに心配がないのでママ&パパが安心して休暇が取れるのです。

詳しい制度説明は別記事で紹介したいと思いますが、このように国と企業のサポートがあって初めて心の余裕=寛容さにつながるのです。

まとめ

いかがでしたか?日本は企業や国のサポートがまだまだ遅れているものの、個人で努力することは可能です。寛容さをもって行動することで、他人だけでなく自分自身の心も豊かにしてくれます。

1回でもいいので、明日は誰かを助けてみてはいかがでしょう?

今日のポイント

  • 人助けはお互いが幸福になる
  • 国、企業のサポートも必要だが、まずは自分自身の行動から