出産手当金の申請方法と自治体独自の助成金

出産手当金の申請方法と自治体独自の助成金

「出産」とても美しい響きですよね。新しい生命の誕生と、新しいママとパパの誕生。ライフイベントの中でも上位に入る楽しみのひとつですね。

さて、そんな美しい舞台の裏側では考えるべき現実もあります。

出産時は、ママが仕事を休まなければならい状態になり、収入が減る一方で出産に係る費用負担も発生します。

そんな頭を抱えるみなさまに手間のかからない手当金の申請方法や各自治体独自の助成金についてご紹介します。

出産育児一時金の上手な申請方法

ご存知の方も多いかと思いますが、出産時にもらえるお金といったら一番に思いつく制度ではないでしょうか。

残念ながら、正常分娩は病気でないとみなされています。そのため、いわゆる3割負担が適用されないので、家族の家計負担の軽減を目的とした制度です。

支給方法は「直接支払制度」できまり

出産育児一時金の支給方法は医療機関に直接支払われる「直接支払制度」と被保険者に支払われる「受取代理制度」があります。

受取代理制度は自分の懐にお金が入ってくるので一見お得そうに見えますが、実は結構めんどうなので注意です。まず、支給のタイミングは出産後なので、医療機関に支払うお金は事前に準備しなくてはいけません。また、申請も出産後に自ら健保に申請しなくてはいけません。

一方で、直接支払制度は医療機関に申出るだけで出産費用から42万円を差引いた金額のみ支払うだけの簡単なスタイルです。

出産後は役所や会社に提出する書類が山ほどあります。ですから、なるべく手間がかからずお子さんや家族とゆっくりした時間を過ごせる直接支払制度一択ですね。

自治体独自の助成金

自治体によっては、出産育児一時金とは別に助成金を出しているところがあります。

千代田区

誕生準備金

一妊娠につき、一時金として45,000円を支給します。(多児妊娠・出産でも、同額です)。

出典:千代田区

渋谷区

ハッピーマザー出産助成金

1人の出産につき限度額100,000円

出典:渋谷区

港区

出産費用の助成

分娩費や出産にかかった入院費用(上限額60万円)から、健康保険で支給される出産育児一時金(付加金含む)を差し引いた額を助成します。なお、高額医療費(付加金含む)は、出産費用から差し引きます。

出典:港区

いかがでしたでしょうか。皆様のお住まいにも、独自の助成金があるかもしれませんので一度チェックしてみるのもいいですね。

これから楽しい育児ライフが待っています。今回ご紹介したお金の負担軽減や時間の有効活用方法でより多くの時間を新しい家族と過ごしてください。