こども医療費助成で家計を節約[東京都]

こども医療費助成で家計を節約[東京都]

出産検討中の家庭の悩みは「家計が心配!」と口をそろえて言います。人が一人増えるわけですからそれだけお金が必要になるのはもちろんです。

ですが、実のところ国や地方自治体の補助などで家計を節約できることも結構あるんです。

今日は悩める皆さんのために家計の節約方法のひとつである東京都の医療費助成について説明したいと思います。

東京都の医療費助成

東京都は子育て家庭の負担を少しでも軽くするために、子どもが中学3年生になるまで医療費に係る費用を負担してくれます。

乳幼児医療費助成制度(マル乳)

国民健康保険や健康保険など各種医療保険の自己負担分を全額助成してくれる制度です。都内各区市町村内に住所を有する6歳に達する日以後の最初の3月31日までの乳幼児を養育している方であれば助成の対象になります。

ただし、健康診断、予防接種や差額別途代など助成対象外もあります。

出典:東京都福祉保健局 乳幼児医療費助成制度(マル乳)

義務教育就学児医療費の助成(マル子)

入院代と通院代で助成方法が異なる制度です。入院代は国民健康保険や健康保険の自己負担額を助成が対象となり、通院代は国民健康保険や健康保険の自己負担額から一部負担金(通院1回につき200円(上限額))を控除した額が助成されます。

都内各区市町村内に住んでいる6歳に達する日の翌日以後の最初の4月1日から15歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子を養育している方が対象になります。

つまり!中学校を卒業するまでは医療費を支払ったとしても通院1回につき200円しか実質負担にならないんです。

ただし、乳幼児医療費助成制度と同じく、健康診断、予防接種代など助成対象外もあります。

出典:東京都福祉保健局 義務教育就学児医療費の助成(マル子)

地域によっては助成の上乗せも

子どもの養育をサポートするために助成を上乗せしてくれる地域もあります。たとえば品川区は「子どもすこやか医療費助成」という独自の助成で、中学3年生まで入院代や通院代に関わらず“全額”の医療費を補助してくれます。

また、北区や千代田区は高校3年生まで対象年齢を上乗せしてます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?「子どもは医療機関にかかるから医療費が心配」って方もいらっしゃると思いますが、東京って子どもに対する助成に力を入れてるんです。

今日はすべての地域を紹介できませんでしたが、東京の地方自治体は子どもの助成に対してすごーく力を入れています。

読者の皆さんの地域でも都の助成+αしてくれてる地域はきっとあるかもしれませんので、是非一度区役所や役場のWebを調べてみてください。

今日のポイント

  • 基本中学校3年生まで医療費のほとんどが助成される
  • 地域によっては高校3年まで対象
  • 地域によっては医療費+αがある