出産手当金は「いつ」「いくら」もらえるの?

出産手当金は「いつ」「いくら」もらえるの?

出産は人生におけるビックイベントです。この記事を見ていただいているママやパパはドキドキワクワクされている方が多いんじゃないでしょうか。

名前はどうしようか?

どんな服を着せてあげようか?

ワクワクしすぎて夜も眠れない日も多いと思います。

ですが、産休中のお給料が途絶えてしまうのでその時の家計はどうしようか悩んでいる方も多いはずです。

出産手当金は知ってるけど、いつ、いくら貰えるのかわからない方は不安がぬぐえないと思います。

今日はそんな皆様のために出産手当金について紐解いていきましょう。

出産手当金とは

出産手当金は健康保険の手当の一つで、出産のために会社を休んでその間給与を受けなかった場合は制度を使って手当が支給される制度です。

被保険者が出産のため会社を休み、その間に給与の支払いを受けなかった場合は、出産の日(実際の出産が予定日後のときは出産予定日)以前42日(多胎妊娠の場合98日)から出産の翌日以後56日目までの範囲内で、会社を休んだ期間を対象として出産手当金が支給されます。

出典:全国健康保険協会 出産で会社を休んだとき

また、出産予定日より早く出産した場合は実際の出産日を含む産前42日と、実際の出産日翌日より産後56日が対象期間となります。

一方で出産予定日より遅れた場合は出産予定日を含む産前42日が対象となり、実際の出産日翌日より産後56日が支給対象期間となります。

なお、出産手当金には注意点があります。それは、出産手当金が全国健康保険組合や健康保険組合の手当であって、国民健康保険の手当ではない事です。

つまり会社勤めの方は出産手当金を受給できるのですが、国民健康保険には出産手当金がそもそもないので、個人事業主の方受給することができないのです。

金額ともらえる時期は?

出産手当金は以下の通り算出されます。

支給開始日の以前12ヶ月間の各標準報酬月額を平均した額÷30日×(2/3)

出典:全国健康保険協会 出産で会社を休んだとき

少しわかりづらいですね。ざっくり説明すると、これまでの収入の2/3程度を受け取ることができるということです。

出産手当金の振込時期

多少前後はあるものの、大体1~2か月ほどで申請者が指定した口座に振り込まれます。なお、申請には期限があり産休開始の翌日から2年以内となります。この2年を経過してしまうと出産手当金を受け取れなくなりますので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。受取れる金額や時期がわかれば何も怖くありません。慣れない事が続き不安も多いと思いますが、そんな皆様に少しでも力になれたら幸いです。

今日のポイント

  • 出産手当金の支給対象期間は産前42日、産後56日
  • 国民健康保険には出産手当がない
  • 出産手当金で受け取れる金額はお給料の2/3程度