[出産]内祝いは何を用意すればいいの?金額は?

[出産]内祝いは何を用意すればいいの?金額は?

「出産」とても美しい響きですね。ママやパパ、それに親戚の他に知人友人も含めて祝福ムードになります。

出産後は出産祝いをたくさんいただくと思います。筆者の息子が産まれときは肌着や洋服など色々いただきました。

さて、出産祝いのお返しとして内祝いは「内祝いって何を渡せばいいの?」「相場はいくらなの?」など、お困りの方が多いと思います。

今日は、そんな皆様のために内祝いについて考えていきましょう。

内祝いとは

内祝いの目的は「喜びを分かち合う」とされています。

この目的は昔から変わらないのですが、方法は昔と現在では少し違っていて、日ごろお世話になって方々のためにお赤飯、お餅を配って“伝える”ことだとされていました。

つまり、内祝いは報告の役割も果たしている事から出産祝いをいただいてなくても渡していたそうです。

最近ではお祝いをいただいた相手にお返しとして渡すことの方が多いですが、時代が変わるとやり方も変わってくるんですね。

内祝いは何を渡せばいいの?

では、現在ではお祝いをいただいた方へ何時?何を返せばいいか?一つずつ紐解いていきましょう。

内祝いを渡す時期

一般的に生後一か月程度と言われていますが、赤ちゃんが生まれて慣れない生活や各種イベントが続いてなかなか時間が取れないと思います。

遅れたからと言って強く言う人はいないと思いますので落ち着いた時期に用意するのがベストかもしれませんね。

内祝いの金額の相場

一般的に内祝いの相場はいただいたお祝い品の金額の1/3~1/2と言われています。あくまでこれは目安だそうなのであまり厳密しなくても問題ないそうです。

3万円のお祝い品の場合は1万円程度のお返しを。5千円なら1千円~3千円程度となります。

注意しなければならないのは目上の方への内祝いを送る場合です「たくさん頂いたから値段高いもの選ばなくちゃ」って考える方もいらっしゃると思いますが、高価なものを送ると失礼にあたるため他の方と同じ値段のものを送るように気を付けましょう。

内祝いの商品

内祝いの商品は特にこれといった決まりごとはありませんが、お菓子などがよく選ばれる傾向にあります。なかには、お菓子に名前のプリントをしたこだわりの品を選ばれる方もいらっしゃるそうです。

通常は熨斗でお子さんの名前をお伝えしますが、ちょっと変わった形で受け取った方もとても楽しい気分になること間違いありません。

また、数人からひとつの内祝いを受け取った場合は小分けにできるお菓子などをお返しすると喜ばれます。

お菓子の他には消耗品などを選ばれる方がいらっしゃいます。代表的なものは「タオル」「ハンカチ」などです。日常生活で多用するものは受け取った方も重宝すると聞きます。

逆にあまり評判がよくないものは、形が残ってしまうものです。食器やインテリアのグッズなど、本人の趣味嗜好があるため受け取ったものが趣味嗜好にそぐわないと使えませんし、また捨てるわけにもいきませんから困ってしまうケースがあるとよく聞きます。

まとめ

いかがでしたか?内祝いの金額の目安はあるものの、特に厳密に決まっているわけではないそうです。

出産後でとても忙しいと思うので1/3~1/2程度で探してみるほうがいいかと思います。正直、赤ちゃんがうまれた楽しい時期に「なんて安いもの渡してくるんだ!」なんて人はいないと思います。

まずは、赤ちゃんのいる生活スタイルに慣れることを優先して、内祝いは気軽な気持ちで皆さんに喜びを共有してあげましょう。

今日のポイント

  • 内祝いの金額は厳密にきまっていない
  • 内祝いの金額の目安は1/3~1/2
  • 形に残る品は避けましょう