教育費っていくらかかるの?貯蓄のポイントは?

教育費っていくらかかるの?貯蓄のポイントは?

子育てにかかるお金はいくら必要なのか非常に気になりますよね。幼稚園や学校、習い事に通わせる費用は今の収入や貯蓄で足りるのか不安になると思います。

そんな悩めるご家族のために子育にかかる支出や準備すべき貯蓄額を紹介します。

教育にかかるお金を理解する

はじめに抑える事は、子育て費用の可視化です。これを理解しない事には計画的に貯金はできませんのでチェックしていきます。

幼稚園から高等学校までの教育費

お子さんが公立に進学するか、私立に進学するかで教育費は大きく異なります。

出典:平成28年度子供の学習費調査

小学校や中学校が授業料免除となりましたが、教科書代や遠足の積立金などで多少の支出はあるものの公立に通わせた場合はかなり楽になります。

大学の教育費

大学も同様にお子さんの進路によって学費は大きく変化します。

【国立】
入学料:282,000
授業料:535,800
【公立】
入学料:393,426
授業料:537,809
【私立】
入学料:253,461
授業料:877,735

出典:国立大学等の授業料推移

ですが、お子さんやご家族の希望によって進路は大きく変わります。「そんな先のことはまだわからない」という意見もあると思いますし、将来の希望はその時の環境によっても大きく左右されます。そこで、どのような選択をしても対応できるように私立に通うことを想定して準備することをお勧めします。

教育費を準備するためのポイント

全て私立に通わせた場合の貯蓄を準備するのは正直難しいご家族のほうが多いと思いますが、安心してください。

ここからは、どうやって必要資金を少なくできるかのポイントを見ていきます。

学校外活動費を見直そう

学校外活動費は教育費のなかでも割合は多い方ですが、最も変動させやすい項目でもあります。

簡単に学校外活動費について説明すると塾や習字などの習い事。スポーツクラブ等に通うために発生する費用のことです。この費用は年々増加傾向にありますが、その原因は一家族当たりの子どもが減少傾向あり、一人当たりにかける学校外活動費が多くなっています。

極端な話ですが、数年前に一家族の子供の人数が2人以上だった時代の学校外活動費を今では一人に支出しているわけですから、教育費全体が底上げされてあたかも教育費に高く見えてしまうのです。

また「どんどん習い事に通わせなくちゃ!」といった風習に変化していますが、無駄に通わせることはありません。ポイントは「その習い事が本当に必要かどうか」「お子さんがやりたいと思っているか」の2つです。

目的もなしに習い事をしてもお金をドブに捨てるようなものなのですし、大切な家族や友達と過ごす時間が減ってしまいます。お子さんの目的や実現したい夢を家族みんなで話し合って必要であれば通わせる程度がいいと思います。

教育資金の貯金口座は定期預金に預けよう

貯金のポイントはいくつかありますが、まずは口座をわけることから始めましょう。同じ口座に預けておくと貯金の進捗が可視化しづらく、ふとした時に貯金分まで使ってしまうことがあります。

また、貯金用口座は定期預金などがいいでしょう。通常の口座よりも利息が多くもらえますし、学資保険よりもリスクを軽減できます。

学資保険の元本割れは満期まで契約していればあまり発生しませんが、一番のリスクは途中解約です。

子育ての真っ最中だとお金もかかりますし、なかなか貯金もできませんよね。そんな貯金が少ない状態で大病を患ったらリスクの回避手段が殆どありませんし、教育資金を解約せざるを得ないことになってしまいます。

学資保険を解約するとほとんどが元本割れで解約返戻金が支払われます。また、商品によっては解約返戻金が支払われない商品もあります。

教育資金の貯蓄の目的は「準備」です。数万円程度の運用益を得るためにリスクをとる必要はありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。周りでは「やれ習い事」「やれ学資保険」という発言がでてきますが、家族や自分にとって本当に必要なものでしょうか。

一度立ち止まって冷静になると、意外に必要ないものにお金を使っているケースが多くあります。余計な出費は抑えて、お子さんがやりたいことや家族の思い出作りの旅行など有効なことに使ってください。

今日のポイント

  • 教育費は進路によって大きく異なる
  • 学校外活動費は子どもにとって必要かよく検討する
  • 教育資金は定期預金で準備