就学援助制度で教育費の負担軽減!

就学援助制度で教育費の負担軽減!

就学支援制度は、子どもが健やかな教育を受けられるように「学用品費」「給食費」「通学日」などの各種教育費の援助が受けられる制度です。

所得制限があり、全ての方が受給できる制度ではありませんが家計のやりくりが苦しく子どもに十分な教育ができない家庭にとっては使わない手はありません。

申請の締切日は、地方公共団体によってことなりますが4月下旬が一般的です。今日は締切迫る就学支援制度について迷われている家族のために、条件や支給項目について掘り下げていこうと思います。

就学支援制度とは

就学援助は学校教育法第19条に基づき、学用品費や給食費などを援助する制度です。

簡単に説明すると、生活保護の受給中の家族や一定の所得以下の家族に対して教育費に係る費用を援助してくれる制度です。

援助対象者

援助内容

就学援助制度の対象となるのは学用品費をはじめ、給食費、クラブ活動費など学校における勉強だけでなく修学旅行などの様々なイベントも援助対象となっています。

学用品費/体育実技用具費/新入学児童生徒学用品費等/通学用品費/通学費/修学旅行費/校外活動費/医療費/学校給食費/クラブ活動費/生徒会費/PTA会費

出典:文部科学省

申請方法

申請は通学している学校を通じて就学支援制度の申込用紙が配布された申請書にて申し込みを行います。

期日は各役所によって異なりますが、4月下旬から5月上旬となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?経済的不安があり学校における支出に不安を抱えていた方はもう安心です。学校教育における殆どの支出が対象となっているので使わない手はありません!

なお、役所よって締切日が異なりますので、まずは皆さんがお住まいの役所HPで一度確認することをお勧めします。