[プロが語る]本当はいらない生命保険

[プロが語る]本当はいらない生命保険

子どもが生まれたら生命保険を検討する人は多いですよね。周りからも会社の同僚や友達、親戚、そして保険会社から「子どもが生まれたら生命保険を考えなくちゃね」と言われるそうですが、果たして本当に必要なのでしょうか?

周りに流されて加入したのは良いものの、実は費用対効果が全く見合っていない事なんてざらにあります。 そんな大切なお金を無駄にしないために、生命保険の必要性について一緒に考えていきましょう。

生命保険の種類

生命保険は契約者本人がなくなった場合に遺族へ保険金が支払われます。契約形態が複数ありますので、まずはここから紐解いていきましょう。

終身保険

終身保険は一生涯契約し続ける保険です。死亡若しくは高度障害に対して保険金が支払われます。

保険料は生涯払い続けるものと、特定の年齢までで払い込み完了するものが2種類あります。特定の年齢までしか保険料を払込まない場合、生涯払い続ける方法と比べて一回に払込む保険料が割高になります。しかし、終身保険の保険料は契約し続けていれば生涯変わらないため、家計のプランニングは組み立てやすいメリットもあります。

保険会社が倒産しない限り保険金が受け取れる安心感がある一方で、自らの収入源が断たれた時でも保険料の払い込みは求められるデメリットもあります。

仮に保険料の払込の継続が難しくなり解約してしまうと、既払込保険料に比べ大幅に減額された解約返戻金しか戻ってきません。保険によっては解約返戻金がない商品もあるので注意が必要です。

定期保険

定期保険は契約中の一定期間のみ、死亡や高度障害を保障してくれる保険です。ご家族の貯蓄や家計の状況に応じて必要な時だけ契約できます。

保険料は契約期間中のみ支払います。若年層であれば比較的安価な保険料で契約できますが、保険料は更新時や再契約時の年齢に合わせた額となり年齢が上がるにつれて高くなります。

これは、年齢があがると死亡や高度障害のリスクが高くなるためです。

収入保障保険

収入保障保険は死亡時、高度障害の状態となった時期によって受け取れる保険料が異なる保険です。保険契約初期の若年時は保険金が多くもらえ、年齢が高くなると保険金が少なくなります。

また、保険料は契約期間によって異なりますが、一度契約してしまえば契約期間中に保険料が変わることはありません。そのため、長期の支出額が見えやすいため家計のプランニングが組み立てやすくなります。

この保険の大きな特徴は貯蓄の少ない若年時に死亡した場合の遺族補償が手厚いことです。残された遺族は限られた収入と貯金のみで生きていく必要があります。そのため、その時の収入や貯蓄が物を言いますが、若年時は比較的低い傾向にあるため遺族補償は手厚いと言えるでしょう。

一方で、年齢が重ねると収入や貯蓄額が上がる傾向にあるため遺族補償はそこまで必要ありません。あっても葬儀費用くらいなので受け取る保険金は少額になります。

どの生命保険にはいればいいの?

保険選びのコツはたった一つです。「保険金の利用目的と貯蓄・収入の状況をに応じた保険を選ぶ」だけです。実は、保険選びには杓子定規のように同じ回答を出せません。家族の貯蓄の状況や受取る保険金をどの用途に使うかで契約すべき保険は変わります。

大体の家族では遺族補償を目的に契約しますが、そのケースの場合の判断基準は以下のようになります。

ケースによって保険に加入しない方がいい事もあります。また、遺族補償を目的とした場合終身保険はリスクも高いため契約は避けたほうがいいでしょう。 ちなみに筆者は収入保障保険一択でした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。周囲では「入るべきだ!」との意見が多い一方で、実は状況に応じて入る必要がないなんて目から鱗ものですよね。

今一度、自分の状況と目的を整理して本当に必要な生命保険を見極めましょう。

今日のポイント

  • 目的と貯蓄の状況によって入るべき生命保険が変わる
  • 状況によって生命保険は必要ない場合がある
  • 遺族補償であれば終身保険は入るべきではない