[食事はシンプルに]日本の食生活をアップデート!

[食事はシンプルに]日本の食生活をアップデート!

食欲は人間の三大欲求の一つです。

食欲を満たすことはもちろん、おいしいものを食べることでより大きな満足感を得ることができます。

ですが、外食や中食にならない限りは誰かがメニューを「考え」「作る」そして「片付ける」と多くの時間を費やしています。

それが楽しいと思う方は別ですが、毎食そんな労力や時間をかけたくない方は多くはないはず。

昔の日本は専業主婦が主流だったため母が子どもや夫のためにメニューを考え、作り、片付けていました。

現代のママも昔の母と同じように「考え」「作り」「片付ける」家庭がまだまだ残っています。ですが、現代のママと昔の母の状況は同じでしょうか?

いいえ、全く違うものになりました。現代のママは自分や家族のために働き、自分の夢を叶えるために時間を使い、家族の幸せのために家事や子育てにあたっています。

今日はそんなタフな毎日を送る家族のために、少しでも家族の時間を充実させるための食事の考え方を紐解いていこうと思います。

毎食一汁三菜は必要ない

日本の食生活は毎食一汁三菜を意識して作っていました。これは体の健康を考えてバランスのとれた栄養を採るためだと言われています。

ですが、今はメニューが多様化されたことと、サプリや健康飲料などで栄養が補えます。場合によっては一汁三菜以上の栄養を摂取が可能になりました。

つまり、栄養のために一汁三菜を準備する必要がないのです。

楽しむための一汁三菜

一汁三菜でないと食事をした気がしないという方は、ファミリーマートやセブン、ローソンなどで総菜がばら売りしているものを買いましょう。

毎食作る場合、食事を「考える時間」「作る時間」「片付ける」で約1.5~2時間を費やしますが、総菜にシフトすれば「何を食べたいかを考える時間」のみになり0.5時間以内で完了できます。

「どうしても手作りじゃなくちゃ嫌だ!」って方は、総菜の作り置きやUber eatsなどに頼るといいでしょう。

食事を作り、片付けている時間は家族が手伝ってくれる場合を除いて孤独の時間です。このように小さな創意工夫が家族や個人の時間作るコツなのです。

海外では一汁三菜なんてありえない

海外では毎食色とりどりの食事が並ぶ事は殆どありません。食事のメニューは毎食同じで、モーニングはシリアル、ランチはバゲットにハムとチーズを挟んだ簡単なもの、ディナーは冷凍食品を温めて食べるといった具合です。

キッチンなんてほとんど使いません。

その代わり、彼等彼女等は家族との時間を大切にします

食事に費やす時間を削減して、子どもたちやパートナーと一日の出来事を話したり、子どもたちと遊んだり、家族の時間を大切にします。

ですが、海外では日本以上に食事を大切にする瞬間があります。

それは「週末」です。

週末はママ&パパに十分な時間があるため、ここぞとばかりに手の込んだ料理を家族やその友達とみんなで作り、豪華なディナーを長時間かかけて食べます。

海外の家族はブランチを食べた後に家族で近くのスーパーに行き大量の食材を買います。帰ってきた後は、家族全員でお菓子や作りかけの食事をつまみながら長時間かけてディナーの準備をします。

豪華な食事ができたらお酒を酌み交わし、談笑しながら2時間以上もの長い食事をとるのです。

フランスの夕食は6時間!?

筆者の親戚にフランス人の家族がいますが、フランスに遊びに行った時は食事の時間に驚きました。

夕方の16時くらいからアペリティフとしてチーズと生ハム、スナックをつまみながらビールを飲み始めます。

このアペリティフは調理に時間がかかる料理が完成するまでの「つなぎ」として2時間程度続きます。

18時ごろ、豪華な食事がテーブル一杯にならびシャンパンやワインとともに1~2時間程度過ごします。

その後は、チーズの時間があり「世界一のチーズはこれだ!」「いいえ!世界一のチーズはこっち!」とチーズ談義をしながらワインを飲む時間を1時間。

最後に、デザートの時間。甘いケーキとコーヒーやカフェオレで一息の時間を30分から1時間。

合計で約6時間

これは一例ですが、他の家庭でも週末は同等の時間を使って食事をとるそうです。

時間の使い方は「メリハリ」を意識

海外と全く同じにする必要はありませんが、現代家族は自由な時間がとにかく少ない傾向にあります。

家族との時間、個人の夢を叶えるための時間を確保するためには「といあえず」で食事の準備などにかける時間を浪費はNGです。

平日の忙しい日はシンプルに、週末の時間のあるときはしっかりと確保することを意識することで時間の使いかたが全く変わります。

まとめ

日本人の食事に対する意識は素晴らしいものです。楽しむ意味で毎食作ることは自由ですが「家族との時間を大切にしたい」「もっと時間を有効に使いたい」って家族は手を抜く事も大切です。

今一度、家族に適した時間の使いかたを考えてみてはいかがでしょうか?

さらに詳しく聞きたい方や、ご自分でアレンジが難しい方は「妊娠・出産、子育て家族専門のプランナーmife(Life⁺運営会社)」が家族に適した時間とお金の使いかたをアレンジいたします。

「無料相談」実施中なので、お気軽にお問合せください。

今日のポイント

  • 時間の使いかたにはメリハリが大切
  • 忙しい日の食事はシンプルな料理
  • 余裕がある日はしっかりとした料理