休眠口座は注意!預けたお金が消滅する!

休眠口座は注意!預けたお金が消滅する!

休眠預金活用法が2018年1月1日に施工されて、2019年からいよいよ休眠口座が発生することとなりました。

これまで利用していなかった口座は一定の条件を満たすと休眠口座に認定され、預けていた預金が最悪消滅する可能性があります。

2019年3月現在でもお客様から休眠口座に関するお問合せが多かったため、本日は休眠口座について説明していきたいと思います。

休眠預金活用法とは?

2018年1月1日に社会課題の解決や民間公益活動のために活用する制度「休眠預金等活用法」が施工されました。

2009年1月1日以降、10年以上取引のない口座に預けている預金は民間公益活動に活用されるという制度です。

休眠預金等活用法に基づき、2009年1月1日以降のお取引から10年以上、その後のお取引のない預金等(休眠預金等)は、民間公益活動に活用されます。

出典:金融庁

簡単に説明すると「使っていない口座に預けているお金は、民間公益活動のために使います」ってことです。

休眠口座の定義

金融庁は10年以上の異動がない口座で残高1万円未満の口座または、残高1万円以上だが持ち主と連絡が取れない口座を休眠口座としています。

異動とは、引き出し・預入・振込・通帳記帳を指しますが、金融機関によって微妙に定義が異なります。例えば、三菱東京UFJ銀行は通帳記帳を異動と認めておりません。

このように若干定義が異なるため、皆さんが利用している金融機関に一度確認することをお勧めします。

休眠口座に預けたお金はどうなる?

繰り返しになりますが、休眠口座に預けている預金は民間公益活動に活用すると言われています。しかし、口座を解約さえすれば返金してもらえますが各金融機関で独自のペナルティを設けています。

例えば、りそな銀行は「未利用口座管理手数料」として年に1,200円(税別)が請求されます。

民営化以前の郵便貯金は注意!!!!

現在の「ゆうちょ銀行」は民間会社のため他の金融機関と同じルールですが、民営化以前の郵便貯金は他の金融機関にない厳しいペナルティがあります。

「最後の取り扱いや満期日から、20年間取り扱いがない場合は催告書を発送し、発想の日から2か月間貯金の払い戻しがない場合は、権利が消滅する」というもので、預金が本当に返ってきません。

恐ろしい事ですが、本当に没収されてしまうため昔から郵便貯金を利用していた方は今一度確認しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ほっておくと徐々にお金が手元から消えてしまう恐怖がどんどん迫っています。

各金融機関から預金者へ告知された現在でも休眠口座が残っているとの情報が入っています。せっかく稼いだお金が手元からなくなってしまう前に、今一度家族全員で口座を確認整理してみましょう。

また、口座は戦略的に活用することで上手な貯蓄や資産運用が実現できます。これを機に口座を整理したいと考えている方は「妊娠・出産、子育て家族専門プランナーのmife(Life⁺運営会社)」が無料相談を実施していますのでお気軽にお申し込みください。

今日のポイント

  • 金融機関によっては休眠口座に預けたお金が100%消滅する