[お得に使う]キャッシュレスのポイント還元

[お得に使う]キャッシュレスのポイント還元

消費税増税が近づいてきましたね。

増税で家計を心配される家族も少なくないと思います。今日は少しでも家計の負担を軽減するための経産省の取り組みである「キャッシュレス・消費者還元事業」いわゆる、キャッシュレスのポイント還元について紐解いていきます。

キャッシュレス・消費者還元事業とは

「キャッシュレス・消費者還元事業」(ポイント還元事業)は、平成31年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の一定期間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元等を支援するものです。

出典:経済産業省

綺麗な言葉を並べて書かれていますね。翻訳すると

「消費増税後の家計の負担を少しでも減らすために一定期間特典つけます」

って、事です。

消費者へのポイント還元の概要

  • 期間:2019年10月から9カ月間
  • 対象:キャッシュレス決算(クレジットカード、電子マネー、モバイル決算)
  • 還元率:2~5%

「キャッシュレス」の言葉の意味は現金以外の決済方法を指します。つまり、SuicaやPayPay、LINE Payなどの電子マネーだけでなくクレジットカードも制度の対象になります。

そのため「電子マネーもモバイル決済も使ってない!!!」って方は新規で契約しなくても、クレジットカードさえ持っていれば取組の恩恵を受けられるわけです。

少しややこしいのが対象店舗です。ポイント還元されるお店は中小・小規模事業者であることです。そして、ポイント還元率は、個別店舗の場合は5%還元、フランチャイズ・チェーン店舗では2%の還元になります。

キャッシュレスは使うべき!!

ポイント還元率は2~5%と幅がありますが、この制度を利用すれば消費税が5~8%で買い物することと同じ効果が得られます。

つまり、今と同じ消費税率か以前の5%で買い物ができるわけですからお得感満載です。

まさに、使わない手はないです。

さて、キャッシュレスは慣れない方からすると「お金を使いすぎちゃうかもしれない…」「デバイスを紛失したら心配」など考える方がいらっしゃいます。

ですが、今のキャッシュレスサービスは日進月歩で消費者が使いやすいように進化しています。まず、利用履歴は手元のデバイスですぐに確認できるので、使いすぎの抑制につながります。利用履歴が“自動”で一覧化されるので副次的に家計管理も楽になります。

そして、紛失時には紛失額を補償してくれる会社もあります。現金は紛失したらほぼ帰ってきません。その点、キャッシュレスは悪意のある紛失でなければほぼ返金されます。

つまり、現金よりキャッシュレスの方がはるかに使いやすく、安全性に特化されているのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?この制度を使えば増税後もお得に買い物ができますね。キャッシュレスを使い慣れない方もこれを機にキャッシュレスデビューしてみてはいかがでしょうか。

今日のポイント

  • ポイント還元はどう考えてもお得
  • キャッシュレスは安全で使い勝手がいい