[確定申告]セルフメディケーション税制で家計を節約

[確定申告]セルフメディケーション税制で家計を節約

平成29年1月1日から始まったセルフメディケーション税制。比較的新しい制度ですから、まだ知らない人は多いのではないでしょうか。

実は、この制度には家計に大きな節約効果があります。 本日はセルフメディケーション税制にどれだけの節約効果があるか見ていきましょう。

セルフメディケーション税制とは?

繰り返しになりますが、この制度は平成29年1月1日より始まった制度です。この制度は、対象の医薬品を一定金額以上購入した場合、総所得金額から控除される制度です。

もう少しわかりやすく説明するとドラッグストアで対象医薬品を購入したら、その分お金が返ってくるってことですね。

【セルフメディケーション税制の条件】
・対象期間:平成29年1月1日~平成33年12月31日
・対象範囲:自己又は自己と生計を一にする配偶者その他親族一定のスイッチOTC医薬品購入の対価
・対象金額:対価の額の合計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額(その金額が8万8千円を超える場合には、8万8千円)

出典:厚生労働省 セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

【対象となる医薬品(スイッチOTC)】
対象となる医薬品の薬効の例:かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬 、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬
(対象医薬品の詳細はこちら)

出典:厚生労働省 セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

対象品目は、よく知られていて、よく購入する医薬品が結構あるみたいです。筆者は重度の花粉症で毎年愛飲(?)してるアレグラも対象品目に入っています。

また、医薬品と聞くと飲み薬を連想しがちですが、肩こり腰痛の湿布なども対象になっていますので、パソコンをよく利用するビジネスパーソンにとってはありがたいですね。

医療費控除との違いは?

セルフメディケーション税制は医療費控除の特例としてはじまった制度です。そのため制度内容が似ているため医療費控除について整理してみましょう。

・対象期間:その年の1月1日~12月31日
・対象範囲:自己又は自己と生計を一にする配偶者その他親族一定の医療費
・対象金額:
医療費控除(上限200万円)=(際に支払った医療費の合計額-(1))-10万円
(1) 保険金などで補填される金額
(例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など

出典:国税庁 医療費を支払ったとき(医療費控除)

セルフメディケーション税制と医療費控除はどちらがお得?

この2つの制度は併用ができません。そのため、その年の対価の支払い状況からどちらを利用するか判断する必要があります。

判断方法

医療費の合計-10万円 = ①医療費控除の控除額(上限200万円)
OTC医薬品費の合計―1万2千円 = ②セルフメディケーション税制の控除額(上限8万8千円)

  • ①の方が多い場合→医療費控除を利用
  • ②の方が多い場合→セルフメディケーション税制を利用

まとめ

皆さんはどちらの制度を利用するか決まりましたか?是非、この機会にセルフメディケーション税制を活用して節約できたお金で家族とおいしいご飯でも食べに誘ってみてください。きっとパートナーやお子さんに尊敬の眼差しを向けられること間違いなしです!

今日のポイント

  • セルフメディケーション税制は意外と身近な医薬品が対象
  • セルフメディケーション税制と医療費控除は別の制度
  • 控除金額が高い方の制度を利用する